付き合い方・向き合い方ガイドブック 発達障害と仕事

発達障害のある人が抱えている働きづらさ、
就労支援を受けることで好転につながるかも

発達障害があるからといって、働くことをあきらめる必要はありません。発達障害がない人でも、仕事の“向き・不向き”があったり、職場の人間関係で悩みを抱えていたりすることがあります。

一方で、発達障害があっても、それぞれの特性にあった仕事を選ぶことで、やりたかった仕事や夢を実現している人はたくさんいます。また、特性に応じて仕事内容や職場環境の調整を行う“環境調整”などの工夫や支援を受けることによって、働きづらさを解消することができます。

発達障害があることを勤務先へ
伝えるかどうかは自分で決めていい

発達障害があることを勤務先へ伝えるかどうかで悩んでいるかもしれませんが、あなたに報告する義務はありません。伝えたくなければ、無理に伝えなくても構いません。

発達障害に理解のある職場であることが分かっていれば、あらかじめ伝えておいてもよいでしょう。

発達障害があることを伝えることで周囲に自分をより良く理解してもらい、適切な支援や配慮を受けられることもあります。それが、働きづらさの解消につながるのであれば、伝えておくメリットはあります。けれども、発達障害に対する周囲の理解が十分ではない職場がまだまだ多いのが現状。そのため、発達障害があることを勤務先へ伝えるかどうかは、慎重さが求められます。
職場の状況をよく考え、ときには家族や支援者にも相談してみましょう。

一般雇用での就職と
障害者雇用での就職

発達障害のある人が就職を希望する場合、「一般雇用」と「障害者雇用」の両方の選択肢があります。
一般雇用での就職は、障害者雇用よりも職業の幅が広かったり、自分のもつ発達障害の特性のよい面を強みとしていかせるケースもあります。ただし、一般雇用におけるサポートが充実している職場は日本ではまだわずかで、障害者雇用のサポートが充実している傾向にあります。

障害者雇用での就職は、職場でそれぞれの特性に応じたサポートを受けながら働くことができます。
ただし、障害者雇用で就職する場合は、精神障害者保健福祉手帳を取得していることが必要です。

発達障害のある人が
受けられる就労支援

もし、「採用面接に限界を感じている」「仕事で失敗ばかりでもっと自分に合った仕事や働き方を見つけたい」などの思いがあれば、ひとりで悩まず、専門家に相談してみませんか?
発達障害のある人が受けられる就労支援には、各地域の公共職業安定所(ハローワーク)や障害者就業・生活支援センターなどで受けることができる就労支援プログラムがあります。そのほかにも、民間企業による就職・転職支援や就労移行支援があります。

就労支援機関で受けられるサポートの例

  • カウンセリングなどの就職相談
  • 発達障害のある人に対する職業訓練
  • 職場に適応しやすくするために各特性に合わせてジョブコーチが出向き支援
  • 就業と生活の両面についての相談・支援
  • 仕事内容や環境への調整サポート

など

※発達障害の診断がなくても、ご自身の特性に合わせて相談できるサービス

発達障害のある人が仕事について
相談できる機関やサービス

発達障害者の就労支援

「すぐに就職したい」、
「少しずつ就職の準備を進めたい」など、
希望に合う相談先を掲載しています

厚生労働省
発達障害者の就労支援

民間の就職・転職支援 就労移行支援

精神障害者保健福祉手帳を取得している人への支援や、
障害者総合支援法に基づいたサービスを掲載
しています

障害者就業・生活支援センター

全国の障害者就業・生活支援センターを検索
することができます

厚生労働省 障害者就業・
生活支援
センターについて

全国の障害者職業センター

全国の地域障害者職業センターを検索する
ことができます

高齢・障害・求職者雇用
支援機構

全国ハローワークの所在案内

全国のハローワークを検索することが
できます

厚生労働省
全国ハローワークの所在案内

ハローワークインターネットサービス

ハローワークの各種サービスが
インターネット上でも手続きできます

本文中に使用されている専門用語(アンダーラインのついたもの)については発達障害関連ワード集に詳しく説明があります。